TOKIO


松岡 昌宏(まつおか まさひろ/1977年1月11日 - )は、日本の俳優・タレント・ドラマー。バンド形態のアイドルグループ・TOKIOのメンバー(ドラム担当)。北海道札幌市出身。所属芸能事務所は株式会社TOKIO(前所属事務所はジャニーズ事務所)で、同事務所の取締役副社長・広報担当。…
49キロバイト (5,786 語) - 2022年9月24日 (土) 07:40

(出典 www.crank-in.net)


食べ方が汚いのは男女問わず嫌です。特にお箸の持ち方に目がいってしまいます。他人がなかなか注意ができない分野なので厳しい。食事の時は、相手を不快な気持ちにさせないよう気を付けてます。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/25(日) 13:59:41.02ID:CAP_USER9
9/25(日) 13:44配信
スポニチアネックス

松岡昌宏 ど真ん中な女性のタイプを告白「すげー口悪いのに…たまらないです」

 TOKIOの松岡昌宏(45)が24日、深夜放送のテレビ東京系「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(土曜深夜0・50)に出演。ど真ん中な女性のタイプについて明かした。

 この日は東京・湯島の居酒屋で「タイの兜煮」を堪能。松岡は「焚き方最高ですね」とそのおいしさに感動する中、「お魚の食べ方、綺麗な人が好きだな」とコメント。「すげー口悪いのに、魚の食べ方、うめーな、コイツってど真ん中です。(ギャップが)たまらないです」ともらした。

 これには「博多華丸・大吉」の博多大吉も「どれだけ美人でかわいくて、ノリが良い人でも、食べ方汚いと“うーん”って(なる)」と賛同。「ケンタッキー、そんなの残す?って。もっと食べられるよ、もっといける!って(なる)」と続けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/728383cb408800939d83d4528e77f0801c1405ec

【松岡昌宏 「ギャップがたまらん」 ど真ん中な女性のタイプを告白】の続きを読む


吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。アミューズ所属。 高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ芸能界に入る。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという。女優に
53キロバイト (6,722 語) - 2022年7月24日 (日) 15:08

(出典 florencemainstreet.org)


松本若菜さんは『仮面ライダー電王』に出てましたが、めちゃくちゃきれいでした。見に行きたくなる気持ち、分かります。最近は色々なドラマに出演されていて、嬉しいです。『やんごとなき一族』での怪演は、面白かったです!

1 フォーエバー ★ :2022/07/24(日) 21:56:01.79ID:CAP_USER9
7/24(日) 2:45配信

「TOKIO」の松岡昌宏が24日深夜放送で自身がMCを務める「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京)に出演。女優の吉高由里子のモテ伝説を明かした。

【写真】こちらも「看板娘」として評判だったという松本若菜

 この日のゲストは女優の松本若菜。松本は「仮面ライダー電王」に出演していた松本だが、女優だけでは食べていくことができず、新宿の鰻屋でアルバイトをしていたという。

 吉本興業の劇場・ルミネの近くだったことから、MCの博多大吉が「一時ルミネの楽屋で鰻屋さんにとんでもない美人がいる」と噂になっていたことを明かした。

 話の流れで、松岡もある女優のエピソードを公開。「(メンバーの)国分(太一)さんがいつも行ってたガソリンスタンドに『とんでもなく、かわいい子がいる』というのが、あまりにも(噂が)広がり過ぎて。みんながそのバイトの子を見に行くぐらい、かわいいと言ってたのが、吉高由里子さん」と話した。

 続けて「大有名だったらしいよ。話をしたいから列が。もう軽に乗ってるのにハイオクみたいな(笑い)」と吉高由里子のモテ伝説を語っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c3e31bb210afcb458ff86505a6a9895230580df


(出典 cdn.images-dot.com)

【吉高由里子 仰天モテ伝説 かわいすぎてガソリンスタンドに行列!】の続きを読む


『ザ!鉄腕!DASH!!』(ザ・てつわんダッシュ、英字表記:THE TETSUWAN DASH)は、日本テレビ系列で放送されているバラエティ番組。略称は『DASH』『鉄腕DASH』など。 放送時間及び放送局は沖縄県を除くNNN系列30局ネットで毎週日曜日 19:00 - 19:58(JST)(放送開始前、18:59:30
115キロバイト (17,288 語) - 2022年6月22日 (水) 01:26

(出典 i.pinimg.com)


『DASH村』は見ていて面白かった。地元の人たちとの交流もほのぼのとして、ドキュメンタリードラマのようでした。

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/27(月) 17:43:12.31
2022-06-26(更新:2022-06-27)

 農業・漁業をはじめ、島の開拓などTOKIOがさまざまなことに挑戦。その真摯な姿勢での奮闘ぶりが長年にわたり愛されている『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系/以下DASH)。
今年放送27年目を迎え、番組開始当初20代だったTOKIOのメンバーも40代、50代に。近年は自ら挑戦するだけでなく、かつて名人たちより学んだ技術を後輩たちへと継承し、番組に新たな風を吹かせている。
長寿バラエティ番組が次々と姿を消す中、27年もの間、コンテンツ強度を保ったまま、番組を継承していく秘訣とは? 同番組のこだわりとあわせて、番組プロデューサーの田中俊光氏に聞いた。




「失敗って何?」TOKIOがプロデューサーに諭した“DASHの流儀”
https://www.oricon.co.jp/special/59534/

【鉄腕DASH 27年経っても愛される理由】の続きを読む

このページのトップヘ