WBC


大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は日本のプロ野球選手(投手・外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルスエンゼルス所属。 投手としても打者としても活躍する「二刀流(英: two-way player)」の選手である。 2012年のNPBドラフト1位で北海道日本ハムファイター…
267キロバイト (36,082 語) - 2023年3月25日 (土) 13:45
確かな実力もさることながらプレーへの情熱がある選手だというのがよく分かる大会でした。MLBファンだけでなく野球に興味がない人もそのプレーに魅了されたと思います。

1 ネギうどん ★ :2023/03/25(土) 11:40:56.85ID:e4U+hSGv9
 スポーツ専門局「ESPN」電子版が23日、現時点でのメジャーリーグのトップ100選手をランク付け。エンゼルスの大谷翔平選手がマイク・トラウト、アーロン・ジャッジを抑え1位にランクされた。記事では「大谷の1位には誰も驚かないし、野球史の中でも他に類を見ない最も才能に恵まれた選手だ」としている。圧倒的な投手の1人で、最も恐れられる打者の1人で、さらに最も速いベースランナーの1人でもある。23年シーズン、大谷は二刀流の役割をさらにうまくこなすだろう。WBCを見ていて彼が世界一の野球選手であることははっきりしたと記している、そして仮に大谷の1位を脅*存在があるとすれば、健康な状態のトラウトしかいないとしている。

 トップ10は以下の通り。1位大谷、2位トラウト、3位ジャッジ、4位マニー・マチャド、5位フレディ・フリーマン、6位フアン・ソト、7位フリオ・ロドリゲス、8位トレー・ターナー、9位ムーキー・ベッツ、10位ノーラン・アレナド。日本人選手ではほかにダルビッシュ有が80位に入っている。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/03/24/kiji/20230324s00001007240000c.html

【大谷翔平 WBC優勝の功績を評価 『MLBトップ100選手』で1位に!】の続きを読む


ワールド・ベースボール・クラシック(英: World Baseball Classic、略称:WBC)は、メジャーリーグベースボール(MLB)機構とMLB選手会により立ち上げられたワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)が主催する、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認の野球の国・地域別対抗戦で、かつ、世界一決定戦。…
69キロバイト (7,553 語) - 2023年3月24日 (金) 08:15
受験に必要がなくて興味が無いからやらなくていいなら実技系の授業なんかも受けなくてよくなるんじゃないのかな。授業って個人の感情のためにやってるわけじゃないでしょ。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/03/24(金) 09:44:25.12ID:eR/t6Q9L9
3/23(木) 17:20配信

 日本中が固唾(かたず)を飲んで見守った野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦。そんな世紀の一戦を、学校の授業で観戦させるか否かというアンケートが賛否両論を呼んでいる。ツイッターのアンケート機能を使って投票を呼びかけた現役小学校教員のめがね旦那(@megane654321)さんに、投稿の意図を聞いた。

「WBC決勝戦を授業中に観戦させる」。日本時間の22日午前6時、決勝の試合開始直前に行われたアンケートは、最終結果として9597票を集め、「賛成」が73.3%、「反対」が26.7%となっている。

 アンケートをめぐっては、

「努力、結束力、諦めない気持ち……どんな道徳教育より最高の教材」

「ルール説明や選手の経歴、WBCの仕組みや歴史なんか解説してもらえたらとても意味のある時間になりそうで、私が親なら嬉しいです」

「クラスのみんなで見るのは良い経験になると思う。長野五輪のときスキーの金メダルの瞬間を教室で見たの今でも覚えてる」

「『野球だから』ではなく『日本が動いてるものだから』って理由で色んなものを見せてあげられたらいいんじゃないかなあと思います。時事ネタの勉強というか」

といった賛成の声の一方で、

「野球に興味のない子にとっては苦痛。高校のとき甲子園の全校応援に駆り出されて以来野球嫌いです。なんで野球だけ特別なの」

「観戦を強要されるのは反対です。観戦させるのであれば、どのスポーツであっても興味のない子が自習することを認め、不利益がないというのが前提かなと思います」

「こういう日本代表を応援しないやつは非国民みたいなのが無理」

「2時間で終わるならいいけど終わらんからね。実際今日は5時間かかった。そんだけの時間を観戦に割くのはどうかと思う」

という反対の声も寄せられており、賛否両論となっている。

 投稿者のめがね旦那さんは「自分の学級で野球を見せるかどうかを悩んでいたので、参考程度に実施しました」とアンケートを実施した経緯を説明。賛成が約7割、反対が約3割という結果については「思ったよりも賛成が多くて驚きました。世間は学校に対しては厳しい意見が多い印象でしたが、今回の大会には教育的意義を感じる人が多かったようです。一方、寄せられた意見の中では『教育的価値』という言葉が気になりました。そんな価値は誰も『いま、ここ』で判断できないのではないでしょうか。価値がないと誰かが判断したとしても、例えば決勝戦を見て野球を始め数年後に日本代表に選ばれた子がいたら、その経験は美談として語られるでしょう。安易に使える言葉ではないと実感しました」と話している。

ENCOUNT編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f217cdae07b21d1d78e7949b8df115a3ee91357

【WBCの試合を授業で観戦? 賛否両論の新しい教育の試み】の続きを読む


イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現在はMLBのシアトル・マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務める。 日本プロ野球(以下:NPB)とメジャーリーグベースボール(以下:MLB)で…
380キロバイト (43,331 語) - 2023年3月23日 (木) 06:40
イチローさんが指導者として日本に戻ることはないのかな。いつかWBCの監督を務めるとかありそうなのに。

1 ひかり ★ :2023/03/23(木) 17:43:10.53ID:Ws5U4f4G9
2009年のWBC決勝で劇的タイムリーを放ったマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターのイチローさん(49)が3大会ぶりに世界一を奪還した侍ジャパンにコメントを寄せた。


Q:WBCの盛り上がりは凄かった。2006年当時に「この大会を皆で育てていかないといけない」と話していたが、そういう今回の話を伝え聞いて思うこと。

イチローさん:
マイアミでのゲームを何試合かテレビで観た。お客さんも連日満員だったし、中南米の選手たちの気持ちの入り方を見れば(盛況ぶりは)明らかだった。2006年から、わずか17年でここまで来たんだな、と現場にいなくても感じることができた。感慨深かったです。

Q:最後の大谷とトラウトの勝負に思ったこと。

イチローさん:
それはこの大会でしか見られないもの。最近は誰対誰、という勝負がなかなか観られないなか、この大会の最後にそれが観られたのは良かった。国を代表して戦う、この大会の醍醐味でもあると思います。

Q:自分が知らない若い選手らが、思いを受け継いでくれている。

イチローさん:
今回何より嬉しかったのは、ダルが日本代表の招集日初日から参加してくれたこと。2009年の最後のメンバーですから。ダルの思い、意気込みも含めて、チームを引っ張るという覚悟。繋げてくれている証だと僕は思っている。もちろん次回も代表メンバーに入る状態にあってほしいけど、後輩たちが今回のダルの思いを繋げていってほしい。

TBS

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed4a3d7b9485d7f450151288fbb87625dcc633b8

【イチロー 侍ジャパンにメッセージ】の続きを読む


三笘 (みとま かおる、1997年5月20日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身の日本のサッカー選手。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー、ディフェンダー。 兄の影響でサッカーを始める。所属する小学校のグラウンドで活動…
48キロバイト (5,879 語) - 2023年3月21日 (火) 23:40
相手をリスペクトする姿勢、コメントには三苫選手が日本らしい精神を守りながら国際舞台で戦う意思を感じます。応援しています!

1 ニーニーφ ★ :2023/03/23(木) 02:29:32.44ID:i/dPNdku9
 サッカー日本代表は22日、W杯カタール大会後の初戦となる国際親善試合・ウルグアイ戦(24日、東京・国立競技場)に向け、千葉市内でトレーニングした。イングランド・プレミアリーグで大ブレーク中のMF三笘薫(25)=ブライトン=は「侍ジャパン」のWBC優勝に深く感銘を受け、「野球の次はサッカーと思ってもらえるように結果を出したい」と意気込んだ。

   ◇   ◇

 ブライトンで今季公式戦9得点、6アシスト。爆発的な独力突破で世界最高峰のプレミアリーグを席巻しながらも、三笘本人は浮かれるどころか”足元”だけを見詰めていた。
 「毎試合、コンスタントにプレーできて、結果も残しているが、チームの恩恵もすごく受けている。僕自身がめちゃくちゃ成長しているという感じではない」。もっと強く、もっとうまくなりたい―。厳しい環境にもまれ、内面に潜む飽くなき向上心はさらに研ぎ澄まされているようだった。

 W杯では「三笘の1ミリ」で評価を高めた一方、ジョーカーの域から脱することはできなかった。2026年W杯北中米大会に向け、三笘は「中心になっていかなければならない。悔しい結果もあるので、そこもしっかりと持って、3年半やるべきかなと思う」と力強く決意表明した。
 そんな胸中に刺激を与えてくれたのが侍ジャパンだった。準決勝、決勝の戦いぶりにくぎ付けとなり、三笘は「ギリギリの戦いでいろんな選手がつないで結果を出していた。日本らしい野球ですごく感動した」と言い、「野球の次はサッカーと思ってもらえるように結果を出したいと」と意欲的だった。

https://www.chunichi.co.jp/article/658286
中日スポーツ

【三笘薫 WBC優勝に 「サッカーでも日本らしさを」 ウルグアイ戦に意気込み】の続きを読む


江川 (えがわ すぐる、1955年〈昭和30年〉5月25日 - )は、福島県生まれの元プロ野球選手(投手、右投右打)、野球解説者、タレント、YouTuber。 作新学院時代は公式戦でノーヒットノーラン9回、完全試合2回、36イニング連続無安打無失点、県予選合計被安打2での夏の甲子園出場、選抜高等学…
120キロバイト (19,032 語) - 2023年3月15日 (水) 07:09
40年前にこだわらなければエースは野茂英雄投手だと思います。当時の彼は日本プロ野球界でも屈指の投手でチームを牽引する存在です。

1 征夷大将軍 ★ :2023/03/20(月) 20:42:28.73ID:fBl29tr19
大谷翔平、ダルビッシュ有、さらに侍ジャパン初の日系人選手、ラーズ・ヌートバーらの活躍により、日本中を熱狂の渦に巻き込んでいる第5回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。そんな彼らの活躍を見るたびに思うのが、もし昔からWBCがあったならどんな選手が選ばれているのかということだ。そこで、今から40年前の1983年にWBCがあったらと仮定して、独断と偏見で"最強ジャパン"をつくってみた。

先発三本柱/江川卓(巨人)、北別府学(広島)、山田久志(阪急)

エースは、メジャーの強打者相手にもストレートで勝負できる江川卓。わかっていても打たれない快速球を武器に、1982年は19勝を挙げる活躍を見せた。その江川を抑えて82年の沢村賞に輝いたのが、 "精密機械"と評される抜群の制球力で20勝を挙げた北別府学だ。なかでもスライダーの出し入れは絶品で、メジャーの強打者もそのキレとコントロールのよさに面喰らうことだろう。

そしてもうひとり、絶対に入れるべき投手が山田久志。日本球界最高の"サブマリン"と評され、通算284勝をマークしたレジェンド。日本の国際大会の歴史を振り返ると、サブマリン投手の活躍は必要不可欠である。アンダースローから140キロを超すストレートを投げるピッチャーは当時でも稀で、山田がメジャーリーガーを相手に手玉にとる姿は容易に想像がつく。

ほかにも、伝家の宝刀であるシュートを武器に江川とともに巨人先発陣を支えた西本聖、左腕ではダイナミックなフォームからキレのいいストレートを投げ込む大野豊(広島)も先発候補としてメンバーに入れておきたい。

抑え・江夏豊(日本ハム)

当時はクローザーという概念が定着しておらず、今のように勝ち試合の1イニング限定で投げる投手は皆無だった。そんななか、現役晩年はリリーフ投手として"優勝請負人"の異名をとった江夏豊は稀有な存在。全盛期のスピードこそないものの、卓越した制球力と投球術は健在で、日本代表の守護神として大車輪の活躍を見せてくれることだろう。

1番・センター/福本豊(阪急)

2番・ライト/田尾安志(中日)

3番・ファースト/落合博満

4番・DH/門田博光(南海)

5番・レフト/山本浩二(広島)

6番・サード/掛布雅之(阪神)

7番・セカンド/篠塚利夫(巨人)

8番・キャッチャー/中尾孝義(中日)

9番・ショート/石毛宏典(西武)

※長文の為、投手以外の説明文は引用先で

Sportiva2023.03.20
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2023/03/20/40wbc/

【もしも40年前にWBCがあったら 侍ジャパンのメンバーはどうなる?】の続きを読む

このページのトップヘ