YouTuber


平井 (ひらい けん、1972年1月17日 - )は、日本のシンガーソングライター。大阪府生まれ三重県名張市育ち。身長183cm。 大阪府東大阪市で生まれ、2歳から高校卒業まで三重県名張市桔梗が丘で育つ。三重県立上野高校を卒業後上京し、横浜市立大学在学中から横浜市関内のライブハウスや新宿のライブハ
89キロバイト (5,627 語) - 2021年12月29日 (水) 03:18



(出典 www.crank-in.net)


以前テレビで名倉さんも、タイで日本人お断りの店なのに、すんなり入店できたやつをやってて面白いなあと思いました。平井堅さんの彫りの深さは、日本人離れしてますが、名倉さんにしても、見慣れたせいか何も違和感がなくなってます。

1 muffin ★ :2022/01/22(土) 15:25:35.32

https://ytranking.net/blog/archives/68151

1月19日、「KOH」(登録者数14万人)が「平井堅はインド人に見える?インド人に聞いてみた!」を公開しました。
Kohei(KOH)は、インドを拠点に活動する日本人YouTuber。ネイティブレベルのヒンディー語を話せることで知られ、インド人に突然ヒンディー語で話しかける動画などで人気です。

KOHは冒頭、「歌手の平井堅さんっているじゃないですか。歌はもちろんですけれども、彼の日本人離れした見た目っていうのもかなり有名ですよね。(中略)そんな平井堅さんなんですけど、本当のインド人の方々からしたら、いったい彼って何人に思われるんだろうって気になったんですよね。」と企画の趣旨を説明。

「平井堅」(登録者数34万人)は過去、自身の楽曲『ソレデモシタイ』のPV撮影をインドでおこない、インド人に交じって踊る姿が大反響を呼びました。
これについて、平井本人は「自分が中近東の人に似ているという自覚があったので、もう画としては面白いだろうなと思って」と語っており、自身でも日本人離れした顔であることは自覚している様子。では実際インド人にとっては、平井堅は何人に見えるのでしょうか。KOHが現地でインタビューしていきます。

まずは、1人目。写真を見せると、「難しいな」と頭を悩ませます。しばらくして、
「インドの人?」
と回答。そして、ターバンを巻いた画像を見せると「トルコの人にも見える」と、日本人とは全く思っていないようでした。

2人目は
「パキスタンの人だと思う」
と回答し、2枚目を見せると「ドバイとかイラン?」と中東の予想。

続いて、3人目は
「インド人だ」
と2枚の写真を見て断定。KOHが「日本人とか東アジア人には見えないか」尋ねると、
「まずあり得ないな」

と回答し、「絶対にインド人だ」と断言します。その後も6人に質問していきますが、「インド・パキスタン・UAE・サウジアラビア・トルコ」などの回答が続出し、日本人と回答する人はいませんでした。

KOHは、写真の男性(平井堅)が「実は日本人なんだ」と明*と、インタビューを受けたインド人は

「いやそれはありえないだろ!日本人には見えないね」
「えぇ! 日本人!? 冗談だろ!(中略)これもドッキリか?」
と驚きを隠せない様子でした。

動画

(出典 Youtube)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


【平井堅 インド人からはどこの国の人に見える? YouTuberがインド人に聞いてみた!】の続きを読む


ヒカル(本名:前田 圭太、まえだ けいた、1991年〈平成3年〉5月29日)は、日本の男性YouTuber、歌手、実業家。 兵庫県神崎郡市川町出身。兵庫県立神崎高校卒業。エイベックスに所属。 男性9人組グループ「NextStage」のリーダー。花村想太との音楽ユニット「UPSTART」のメンバー。
32キロバイト (4,273 語) - 2022年1月16日 (日) 10:51



(出典 www.cyzo.com)


テレビ出てる芸能人だって、YouTubeやりたい人もいるだろうし、すでにやってる人もいます。YouTuberだってテレビに出たいと思います。垣根はなくていいんじゃないかな。お互い人気商売だから、受け入れられるかどうかはやってみないことにはね。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/16(日) 17:16:11.13

1/16(日) 15:58
スポニチアネックス

ユーチューバー・ヒカル、テレビ進出に意欲 肌美容に1000万円かけ「満を持して戦いに行きます」

 人気ユーチューバー・ヒカル(30)が14日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、テレビ進出への意欲を示す場面があった。

 ユーチューバー・エミリンとのドライブトークの中で「2022年の目標」を聞かれたヒカルは「もっと美しくなりたい」と一言。「鏡見るたび『ちょっと違うな』って思うんよな。肌一つとっても、まだまだ汚いと思う*。運動神経みたいに肌神経みたいなのがあると思っていて、10レベルでいうと俺は2からスタートして7くらいまで来てると思っていて。それをどこまでいけるのか楽しみでさ、顔にかけたトータル費用は1000万円超えとるわけよ。肌を綺麗にするためだけに」と話して、驚かせた。

 そこまで美容にこだわる理由について、ヒカルは「実は、テレビにも進出しようと思っていて」と告白。「テレビで有名になりたいというよりも、広告として使いたいという気持ちが芽生えとって。テレビに出ることでしか手に入らない層があって、いい出方をすれば月に1回でも相当話題性もあると思うし。その時にテレビのカメラって、エグイくらい画質がいいやん。その画質に耐えられるくらいの肌を手に入れたいってのが1個のテーマなわけ。歯の矯正をしたのも、それが理由で。肌と歯が綺麗っていう2個を持った状態の方が、言葉が入りやすいなと思って」と話した。

 「テレビで通用する可能性が俺にはあると思っていて。トークもある程度いけるし、ユーチューバーとしても有名だし、実業家としての実績もあるから。爆弾発言と炎上もオッケーやからさ。見た目がかっこよくなっとけば、かなりの需要があると思ったわけ。あと、宮迫(博之)さんのおかげで、土俵的に芸能人とトークしやすい。(テレビ局から)現にオファーも来てるけど、肌が汚いから断っとるな。いずれは勝負を仕掛けにいくタイミングが来ると思っているんで、満を持して戦いに行きます!」と、宣言した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/91f841be03feae423bcc218dd1bea0955379f7f1


【ヒカル テレビ進出宣言! 「満を持して戦いに行きます」】の続きを読む


本田 (ほんだ つばさ、1992年(平成4年)6月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber、タレント。主な愛称はばっさー。東京都出身。スターダストプロモーション所属。 2006年に、当時の所属事務所であったスプラッシュから、それぞれ別々の7人によってスカウトされる。200
74キロバイト (10,165 語) - 2021年12月12日 (日) 21:16



(出典 storage.mainichikirei.jp)


この前は棒演技だからいいって記事があったけど。芸能人なんて、自称○○の世界なんだし。wiki見ても、ほとんどの芸能人は複数の肩書き持ってますよね。肩書きなんてどうでもいいと思います。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/14(火) 12:03:09.93 ID:CAP_USER9.net

12/14(火) 11:30
東スポWeb

本田翼に〝肩書き問題〟浮上! 本業以外で2億円荒稼ぎで「女優」返上危機
ホクホク顔だが…(東スポWeb)
 女優・本田翼(29)が“ぜいたくな悩み”を抱えているという。

 現在、本田の年収は手取りで、ゆうに2億円を超えているといわれている。

 まずはCMだ。ニホンモニターがCM出稿状況(2021年1〜11月)を基準に「2021年タレントCM起用社数ランキング」を発表したが、本田が計16社で1位に輝いた。

「出演するCMはナショナルクライアントばかりです。ギャラは1社あたり約2000万〜3000万円前後といわれています。最低で見積もっても、計16社で3億2000万円。そこから自身の収入は7000万〜1億円ほどとみられます」とは広告代理店関係者。

 また自ら運営しているユーチューブチャンネルの収益も大きい。

「登録者は約220万人にも上ります。趣味としているゲーム配信の解説が人気を集めている。また、これにひもづくイベントや、企業案件もあると思われ、1億円超は堅いでしょう」(芸能プロ関係者)

 これだけの実入りがあれば本人はもとより、所属事務所もホクホク顔なのは間違いない。だが、女優としての物足りなさを指摘する声が上がっているのだ。

「多くの作品に出演しているので、女優を名乗ってはいるものの、これといった代表作がないんですよ。かといって、十分な収入があるので、さほど切実さもない。すべてを兼ね備えるのはなかなか難しいということでしょう」とは芸能プロ関係者。

 確かに現在、ドラマ「ラジエーションハウスⅡ〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)に出演しているが、本田の演技が話題になっているとは言い難い。

 あくまで本田の肩書は「女優」ということになっているが、このままでは「タレント」「ユーチューバー」になりかねない!?


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ef4884626e21c7df370e4ddc711d2382e1a4d87


【本田翼 CM、YouTubeも好調だけど…女優の肩書きはどうなの?】の続きを読む


ハラミちゃん〈harami_piano〉(年齢、本名、生年非公開、1月21日 - )は、日本のピアニスト、YouTuber。 音大卒業後、会社員を経て、2019年にピアニストとしての活動を始め、YouTubeや動画配信アプリ「17 Live」でのピアノ演奏を中心に活動している。「ハラミちゃん
44キロバイト (4,224 語) - 2021年10月26日 (火) 02:24



(出典 livingroomcafe.jp)


今の紅白は、単に人気や話題性がある人大集合番組になってるんだから、ハラミちゃんだけが上手い下手言われるのはおかしいね。なら、口パクで平然と歌番組に出てるアイドルはどうなるの?

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/26(火) 10:07:44.10 ID:CAP_USER9.net

10/26(火) 8:47
女子SPA!

ハラミちゃん紅白内定に賛否が噴出。うまいかヘタか、が話題になる不幸
『ハラミ定食 DX ~Streetpiano Collection~「おかわり! 」』(CD+DVD、2020 avex trax)
 紅白歌合戦にYouTuberピアニストのハラミちゃんの出場が内定した、と10月22日のスポニチが報じました。プロのピアニストを目指し、音大に進んだものの挫折。いったんは一般企業に就職した異色の経歴も話題です。
ハラミちゃんに罪はないけれど…

 会社員時代に過労がたたり体調を崩してしまったハラミちゃん。そこで彼女を救ったのが、ピアノでした。「前前前世」(RADWIMPS)などのヒット曲をカバーしたところ、超絶技巧が話題を呼び、いまでは総再生回数4億回を超えるまでに人気に。めでたく、ピアニストとして国民的音楽番組に出演する運びとなったのです。

 ところが、この一報にネット上では賛否両論。ツイッターなどのSNSでは若い世代から応援やお祝いのコメントが寄せられた一方、ニュースサイトなどのコメント欄は否定的な意見が大半を占めていました。“ハラミちゃん本人に罪はないけど、この人選はちょっと違うんじゃないか?”と番組の見識を疑う声の他に、ハラミちゃんの演奏自体が苦手という声も散見されました。
日本のストリートピアノのつまらなさ

 いつもニコニコと楽しそうに演奏し、ピアノの魅力を伝えようと一生懸命なハラミちゃんの態度には見習うべき点はあります。ただ、申し訳ないのですが、筆者も彼女の演奏や音には心動かされません。それは、下手だからではなく、むしろ上手でスムーズな風に聞こえてしまうからこそ感じる違和感なのですね。

 彼女の演奏からは、音楽のささくれだとか、豊かなムダが、きれいに削り取られてしまっている。音楽全体を味わうことよりも、無難に弾ききったことの努力を称える風潮が生んだ、不幸な曲解。
 そんな彼女がストリートピアノブームの頂点にいることを考えると、この味気ない演奏は、はからずも日本の街角ピアノのつまらなさを象徴してしまっているのかもしれません。
世界のストリートピアノを聴いてみると

 NHK-BSの人気シリーズ『駅ピアノ』、『空港ピアノ』、『街角ピアノ』で、海外と日本の演奏を見比べると、大きな違いがあることに気づきます。それは、“きちんと”弾きたがる日本と、大雑把な海外。

 譜面を持ち込み、さあ練習の成果を披露するぞと意気込む手合は、きまって日本でのこと。弾く人も聞く人も、それぞれ熱心なのだけど、どちらも一方通行で終わってしまいがちです。

 その点、海外は、ふらっと立ち寄って、ところどころミスをしながらも、思い思いのテンポや解釈で弾いていく。見ず知らずの人たちを巻き込んで大合唱になるのも、よく見られる光景です。

 特に、ロンドンのセントパンクラス駅で、アフリカ系の男性が、ダウン症の女の子とベートベンを連弾するシーンは素晴らしかった。演奏が終わり、駅中に響き渡る音でハイタッチを交わす二人。音楽が社交の一環として機能していることを、うらやましく感じました。

“努力”がほめられる日本の象徴かも

 もちろん、どちらが正しいというつもりもありませんが、どこか日本人の演奏には、お稽古ごとの発表会的な、しみったれた雰囲気が漂ってしまうことは否めません。せっかくのストリートピアノが、褒められたい人たちの集会場みたいになってしまっている。抑えきれない承認欲求が、音楽から爽快感を奪ってしまうわけですね。

 思えば、カラオケ全盛期に高いキーや難しい符割の曲を競って歌った国民性です。ストリートピアノも同様の傾向になってしまうのは、致し方ないことなのかもしれませんが…。
うまいかヘタか、が話題になる不幸

 そんな状況からして、ハラミちゃん人気というのは、なかなか複雑な現象なのだと思うのです。彼女に否定的な人たちの意見を見ても、“言うほど上手くない”とか、“ちゃんとピアノをやってきた人からみたら雑”というものが多いからです。つまり、賛否いずれの側も、上手か下手か、正確か不正確かが議論の中心になってしまう。それは、本来なら音楽の本筋ではないはずなのに。

全文はソース元で

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/21f4cb6b7aa1f9ddc3a59214fa6a7596dd918506


【ハラミちゃん 紅白内定に賛否 上手か下手かで括られる 複雑な人気の背景】の続きを読む


ハラミちゃん〈harami_piano〉(年齢、本名非公開、誕生日は1月21日)は、日本のピアニスト、YouTuber。 音大卒業後、会社員を経て、2019年にピアニストとしての活動を始め、YouTubeや動画配信アプリ「17 Live」でのピアノ演奏を中心に活動している。「ハラミちゃん
44キロバイト (4,166 語) - 2021年10月21日 (木) 22:39



(出典 img.imageimg.net)


『TEPPEN』でたまたま2冠達成した回を見てましたが、楽しそうに弾くんですよね。対戦者からは、緊張感だけが伝わってきたんですが、ハラミちゃんはいつも通りに見えました。音楽が、ピアノが好き!って、全身から溢れてていいですね。

1 湛然 ★ :2021/10/22(金) 04:44:42.36 ID:CAP_USER9.net

ハラミちゃん、初紅白内定!大物とコラボ、リクエスト曲即興演奏も検討
10/22(金) 4:00 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa1dae6d909fab4a4e98a3901cd9118e2c2375b7
今年の紅白歌合戦出場が内定したハラミちゃん(提供写真)

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



 ピアニストでユーチューバーのハラミちゃん(年齢非公表)が大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30)への初出演が内定したことが21日、分かった。

 NHK関係者によると、紅組の出場枠ではなく、ゲスト出演となる見通し。大物ミュージシャンとの共演や、視聴者からのリクエスト曲の即興演奏などが検討されている。複数回にわたって登場する見込みで、出場歌手以上の出番の多さになりそうだ。

 都庁や駅などの常設ピアノで即興演奏をするYouTube動画が人気で、チャンネル登録者数が183万人を誇るハラミちゃん。絶対音感を生かした高い演奏技術はもちろん「屈託のない笑顔が老若男女に支持されていて、バラエティー番組やCMにも引っ張りだこの人気者」(同局関係者)として、8月に発足した紅白チームにすぐにリストアップされた。

 紅白の3つの選考基準のうち「今年の活躍」「世論の支持」を十分に満たす存在。「番組の企画・演出」の面でも「間違いなくステージを盛り上げてくれる」と局内で期待されている。これまでGACKT(48)やEXILEのTAKAHIRO(36)、広瀬香美(55)らと共演。どんな相手でもひるまずに演奏する強心臓の持ち主だけに、紅白でも大物とのコラボが期待される。

 19年からストリートピアノ演奏の動画公開を始め、コロナ禍の巣ごもり需要で人気を広げた。絶対音感を生かし、知らない曲をその場で覚えて即興で弾くスタイル。昨年7月発売のメジャーデビューアルバム「ハラミ定食」は、インストゥルメンタル作品としては異例のオリコンチャート2位を記録した。

 年明けの来年1月4日には、自身初の日本武道館コンサートも決まった。ストリートから紅白へ、アップテンポでシンデレラストーリーを駆け上がっている。

 ◇ハラミちゃん 本名、生年月日、出身地、いずれも非公表。4歳からピアノを習い始め、音大を卒業後、会社員を経てユーチューバーの活動を始めた。最も視聴されているのは、昨年11月に投稿した「鬼滅の刃」のテーマ曲カバーの動画で1600万回以上。お笑いコンビ「霜降り明星」らと出演しているKDDIのCMでも話題。芸名は好物の肉の部位「ハラミ」から取った。

 ≪“ユーチューバー枠”昨年はフワちゃん≫ユーチューバーが紅白でも活躍し始めた。昨年はフワちゃん(27)が水森かおり(48)の応援係としてゲスト出演。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【ハラミちゃん 紅白初出演内定! 大物とのコラボに期待】の続きを読む

このページのトップヘ